お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮筋腫 手術して良いこと

「子宮筋腫はとてもありふれた良性腫瘍で、30歳以上の女性なら3人にひとりは筋腫を持ってます。ですから、産婦人科で『あなたは筋腫をもってますよ』と言われても驚く必要はありません。」

と、日本産科婦人科学会で作成した「男と女のディクショナリー」に書いてあります。

3人にひとり、そのくらい子宮筋腫はありふれた病気です。

ほとんどの人は症状がありませんが、月経量が増えたり(過多月経)、大きくなって圧迫感などの症状があれば治療が必要になります。

閉経すれば筋腫は小さくなるので、閉経まで薬でコントロールできればいいのですが、難しい場合は手術治療になります。

手術には、筋腫だけ取る場合(筋腫核出術)と子宮全部を取る手術(子宮全摘術)があります。

子宮は妊娠して胎児が育つための大事な臓器です。

これから妊娠を希望している女性であれば、子宮全摘をすることはしません。

しかし、44歳以上で、妊娠の希望がなければ、子宮全摘してもよいと思います。

(44歳というのは、私が勝手に考えてる年齢です。)

手術というと不安になる方が多いですが、手術後に「スッキリした」「もっと早く手術していればよかった」という声もよく聞かれます。

ちなみに、女性ホルモンを分泌するのは「卵巣」なので、子宮をとっても閉経ではありませんよ。

 

子宮を全部取ること(子宮全摘術)のメリットは?

1.月経・出血のトラブルから解放される

2.子宮筋腫で尿閉(尿が出なくなること)を経験した方は、その心配がなくなる

3.将来、子宮体がんの心配がなくなる

4.将来、子宮頚がんの心配がなくなる(子宮全部を取った場合です。子宮頸部を残すこともあります。)

5.更年期症状でHRT(ホルモン補充療法)をする場合、エストロゲンだけ使用。それなら乳がんのリスクも上がりません。

ちょっと難しかったですかね。

子宮筋腫で苦しんでる女性の皆様、思い切って手術してもいいと思いますよ。

 

 カテゴリー:その他(産婦人科関連)  2018年11月28日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。