お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ピルで血圧上昇 どうしたらいいですか?

避妊目的で、あるいは生理痛や子宮内膜症の治療のためなど、低用量ピルの服用目的は様々です。

患者さんには、必ず定期的に血圧を測ってもらいます。

40代前半までは年1回くらい、40半ばからは閉経期が近づくことを考慮して3~6か月毎に計測です。

何年も飲んでいて問題なかったのに、血圧が上がってきた場合、いろんなことが考えられます。

でも、まずは自己血圧からです。

血圧手帳を渡して、血圧計がないかたは購入してもらいます。(血圧計は上腕で測るものを購入しましょう)

それでも高いようなら以下の手順で対応します。

その1.閉経期になってないか? ⇒閉経近くなると血圧が上がることがあるようです。いったんピルを中止してからホルモン検査をします。

その2.ピルで血圧が上がることがあります。 ⇒その場合は別のピルに変えると血圧が落ち着くことがあります。

その3.高血圧になってしまった ⇒血圧が高いままで、ピルを飲むのは危険です。それではどうしたらよいでしょうか?・・・診察室で一緒に考えましょう。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2019年01月09日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。