お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

漢方で血圧は下がるの?

血圧が高いので漢方で治療したい。

漢方で痩せたい!

と、しばしば患者さんからお願いされます。

う~~ん、難しいですね。もしも漢方で血圧下げたり、痩せられたら、世の中高血圧や肥満の人はいなくなりますよね。

と、いつも患者さんには話しているのですが、高血圧に関してはこういう考え方があるようです。

そもそも「高血圧」っていう概念が古代の中国にはありませんでした。

そりゃあそうですよね、血圧計なんて当時ないですものね。

ただ、日本漢方では、大塚敬節(けいせつ)先生という漢方の礎をつくった方がいるのですが、大塚先生が考案した七物降下湯という処方は、「証」が合えば少しは?血圧が下がる?かもしれません。

(処方したことありませんが・・・)

いずれにしても、漢方で血圧下げるのは無理!だということをご理解下さい。

それでは、どうして漢方の効能・効果に高血圧が入っているのでしょうか?

よく見るとこうなってます。

釣藤散(ちょうとうさん):慢性に続く頭痛で高血圧傾向にあるもの

通道散(つうどうさん):高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん):高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)

「血圧を下げる」ではなく、高血圧に伴う症状に効果があるということです。

実際は、血圧が低い方にも処方します。

釣藤散は首~頭の血液の流れを良くします。「頭がすっきりする」というのが患者さんの感想です。

通道散や防風通聖散には大黄(だいおう)という下剤が入っているので、便秘傾向の方に使います。

話がそれましたが、高血圧は降圧剤で治療しましょう。

漢方は体調改善(または体質改善)としておすすめします。

 カテゴリー:漢方  2019年03月02日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。