お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「子宮内膜症」治療目的は繁殖力の保護

2月9日(土)夕方から子宮内膜症/腺筋症のセミナーが東京でありました。

私も若い頃(20~40年前)子宮内膜症による痛みに苦しみましたが、当時に比べて薬の種類が増え、さらに新しい薬の開発もされているようです。

子宮内膜症は疼痛によるQOL(生活の質)の低下だけでなく、妊孕能(にんようのう=妊娠する力)の低下も大きな問題です。

セミナーでは、「将来の繁殖力の保護」を重視した治療の話がありました(繁殖力・・・ユニークな表現です)。

子宮内膜症治療のポイントその1.

<将来の繁殖力の保護>

子宮内膜症は進行します。

放置すると、将来の繁殖力に影響を及ぼします。

子宮内膜症の発症や進行を抑えることが大切です。

そのためには・・・ホルモン治療が不可欠です。

将来妊娠を希望している場合は、低用量ピルや黄体ホルモン製剤(ジェノゲスト)がよいと思います。

子宮内膜症治療のポイントその2.

<卵巣愛護の手術>

それから手術の場合は、癒着の剥離や卵巣嚢胞(子宮内膜症性嚢胞=チョコレート嚢胞)の摘出になります。

極力、卵巣の正常部分を残す手術をします。

子宮内膜症治療のポイントその3.

<再発の予防>

そして、手術の後の再発にも注意が必要です。

放置した場合、2年以内の再発が20%、5年で40~50%が再発します。

再発予防には、やはり低用量ピルやジェノゲストなどのホルモン治療が必要です。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2019年03月12日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。