お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

閉経療法をくり返す場合は、骨粗鬆症に注意しましょう

子宮筋腫や子宮腺筋症は、いずれも良性の疾患で、閉経までの病気です。

女性ホルモンのエストロゲンで進行する病気なので、閉経して低エストロゲン状態になれば、筋腫も腺筋症も縮小します。

そのため、治療法の一つに閉経療法というのがあります。

点鼻または注射の治療です。

この治療、効果は抜群なんですが、6カ月治療したら、6カ月休薬しなければなりません。

とういのも、治療中は骨量が減少するからです。

閉経状態(低エストロゲン状態)が続くと、骨吸収が亢進して、骨が溶けやすくなって骨量が減ります。

<骨の代謝について>

骨では、骨吸収(骨が溶けること)と骨形成が繰り返されてます。

エストロゲンには骨が溶けるのを抑える作用があるので、通常は、吸収と形成のバランスが保たれ骨量は減りませんが、閉経療法中は骨量が減少します。

治療終了後は、骨量は自然に回復すると言われてますが、6カ月休薬しても回復が不十分なことがあります。

当院では、閉経療法をくり返す場合は、骨密度(骨量)測定をするようにしてます。

元々、十分な(十分以上の)骨量がある方は大丈夫ですね。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫 , 骨粗鬆症  2019年03月13日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。