お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

皮膚炎に十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

皮膚炎の漢方は本当に難しいです。

乾燥してるのか、ジクジクしてるのか。

冷やしたらいいのか、温めた方がいのか。

使い方を間違えると悪化することもあるので注意が必要ですが、効いたかどうかは一目瞭然なので、やりがいのある分野でもあります。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)はどちらかというと乾燥性に使います。

化膿性皮疹やニキビに処方しますが、分泌物が多いものは効きにくいので見極めが重要です。口の周囲やあごの下のぷつぷつしたニキビ(吹き出物)には十味敗毒湯がよいらしいです。

それから、効能にじんましんとあります。

蕁麻疹がなかなか治らないとか、抗アレルギーを飲んでると出ないけど、止めると蕁麻疹が出るなどという方には、まず十味敗毒湯を処方します。もちろん全例というわけではありませんが、意外に効くので不思議です。

入っている薬草の効果は、痒みをとる、炎症をとる、膿を排出させる、熱をさますなどです。

さて、十味敗毒湯というと華岡青洲です。

漢方というと古代中国から伝えられ~というイメージがありますが、日本人が考えた処方もあります。

十味敗毒湯もその一つで、華岡青洲の処方です。

華岡青洲は江戸時代の外科医で、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳がん手術)を成功させた人です。

 カテゴリー:漢方  2019年04月12日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。