お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

低用量ピル 安全性について

月経痛や子宮内膜症などの治療で、低用量ピルを服用する方が増えてきました。

副作用が心配ですという質問を時々受けます。

ご安心ください。

もともと健康な女性が飲む避妊薬として開発されたので、安全性については常に意識しながら開発されてきました。というのも、健康な女性に何か起こったら大変なことですから。

この図からも、低用量ピルがどのくらい安全なのかがわかります。

妊娠・出産は、ピルよりも6倍リスクが高くなります。医療レベルの高い日本や先進国での比較です。

妊娠中は「女の子かな?男の子かなあ?」「名前はどうしようか?」「私に似てるかなあ?」など、楽しみと幸せな気持ちですよね。

ピルもそれと同じ。「あれ?生理痛、いつの間にかなくなった」「出血少な~い!楽々らくちん!」「妊娠の心配もないから安心!」などなど、メリットを十分に感じてください。

家庭内での事故というと、火傷とか転倒などですね。そういう偶発的なアクシデントよりも、ピルの方が安全ということです。

サッカー(運動)や交通事故の危険性は注意しなければいけませんが、タバコは低用量ピルよりも167倍危険だというので、ビックリです。

タバコを吸う人がピルを飲むと「血栓症」のリスクが高くなるので、当院では必ず禁煙をしてもらってます。

残念ながら、途上国の妊娠・出産のリスクの高さは国際的に対策を考えて行かなければなりません。

このリスク比較表は低用量ピルのものです。最近では「超低用量ピル」も使えるようになったので、安全性はさらに高まってます。

どうぞ安心してピルの良さを実感してください。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2019年04月23日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。