お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

もう一つの「故郷(ふるさと)」

平成最後のブログは30年間の思い出としたいところですが、いつもと変わりない話です。

連休は松本の自宅で過ごしてます。

28日、連休初日は夫のゴルフに付き合い(二人とも55歳からのゴルフ、これがまた大変で、別の機会にお話しします)、

29日は、長野市の大門ホール(竹風堂)で、Bouquet des Tons ブーケデトンのコンサートに行ってきました。

Bouquet des Tons「音の花束」という意味です。メンバーは、

フルート:齊藤佐智江氏 ヴァイオリン:飯島多恵氏 ピアノ:猿渡紀子氏 です。

1992年に結成、毎年GWは信州小布施の新生病院を中心に演奏活動をされ、大門ホールでも必ず演奏会をしてます。

ヴァイオリンの飯島多恵さんが、私の高校管弦楽班の先輩で、こんなに素晴らしい方の後輩であることを誇りに思ってます。

音楽については素人の私が曲について書くのはおこがましいですが、最初の曲がゴセックの「ガボット」で、音の花束がぱっと咲いたような明るい雰囲気で始まりました。

比較的知られている曲が多いので、どなたでも楽しめる演奏会です。

メンデルスゾーンの「春の歌」も有名な曲なので、聴けば、ああこの曲と思うはずですが、「秋の歌」もあるのを初めて知りました。

春の歌は暖かく芽吹きを感じさせる明るい曲ですが、秋の歌は「春が終わり、夏も過ぎ、そして秋がもう終わろうとしている」という気持ちの曲だそうです。

演奏会の終盤は日本の曲をいつも演奏します。今年は、「春が来た」「シャボン玉」「ふるさと」でした。

「ふるさと」を作詞した高野辰之氏は長野県中野市出身です。

演奏会の最後は「ふるさと」を参加者全員で歌いますが、昨年からもう一つの「故郷」が加わりました。

「故郷~Blue Sky Home land~」

Bouquet des Tons ブーケデトンが東日本大震災の復興支援コンサートに行った際に、東北の方が「この故郷が私たちを励ましてくれた曲です」と教えてもらったそうです。

長野県出身作詞家の「ふるさと」が全国で歌われているように、「故郷~Blue Sky Home land~」も全国で歌われたらいいなという願いを込めて、コンサートの最後は二つのふるさとを歌います。

 カテゴリー:音楽、芸術、映画  2019年04月30日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。