お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

萎縮性腟炎に八味地黄丸(はちみじおうがん)

漢方を勉強したいと思ったきっかけは、温清飲(うんせいいん)という漢方が私の皮膚炎にとてもよく効いたからですが、患者さんに処方して初めて喜ばれたのが「八味地黄丸(はちみじおうがん)」です。

冷え症の70代の女性でした。

症状は陰部の違和感、閉経後のエストロゲン減少が原因の「萎縮性腟炎」です。

八味地黄丸を処方したところ、違和感がなくなり、冷えもよくなったと喜んでくれたので、漢方ってすごいなあと実感したわけです。

八味地黄丸は「腎虚(じんきょ)」という状態に使う漢方です。

腎虚といっても、腎臓が弱いという意味ではありません。

「腎虚」とは、加齢現象だと思ってください。

・体がだるい、特に足腰がだるい

・毛が抜ける、毛髪に艶がない

・歯がぐらぐらする

・耳が聞こえにくい

・性機能の低下などです。

簡単に言えば、八味地黄丸はアンチエイジング漢方です。

そのため高齢者の漢方というイメージがありますが、最近では不妊治療でも使われてます。

生命エネルギーが消耗しているような方、冷え症、男性不妊などです。

注意したいのは、「地黄」という生薬です。

滋養強壮作用がありますが、胃にもたれることがあるので、その場合は食後に飲むようにしてください。

 カテゴリー:漢方  2019年05月11日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。