お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

最近のピルは出血させない♡

昨日の外来はバタバタしてしまい、

初めての患者さんにもかかわらず、

診察室であまりお話ができず、

看護師(助産師)に治療の説明をお願いしてしまいました。

本当はゆっくりお話ししたいのですが、

当院は予約制ではないので、

混んでいるときはスタッフにお願いすることがあります。

でも、ご安心ください。

当院のスタッフは女性の体のこと、ホルモンのこと、薬のこと、

とても勉強してます。

どうぞ安心してご説明をお受けください。

さて、最近は月経痛が辛いので「低用量ピル治療したいです」

更年期障害だと思うので「ホルモン補充療法(HRT)したいです」

と言って受診される患者さんが多くなりました。

自分の体の不調に気づき、

どうしたらいいのか自分で決められるというのは、

とても素晴らしいことです。

(ただし、ホルモン剤は健康な女性であれば使用可能なはずですが、喫煙習慣があるなど、リスクを伴う場合もあるので、まずはご相談ください。)

低用量ピルについては、

避妊や月経痛の緩和だけでなく、

子宮内膜症の予防や治療、

卵巣がん・子宮体がんの予防、

月経前症候群の治療などなど、

様々な副効用がありますが、

最近のトレンドは「出血させないピル」です。

ヤーズフレックスやジェミーナと言うピルです。

このようなピルが無かったころには、

オーソという低用量ピルを連続して服用することで、

できるだけ出血する機会を減らし、

子宮内膜症の治療効果を上げたり、

月経トラブルを減らすようにしてました。

つまり、休薬やプラセボ(偽薬)をできるだけしないで、

実薬(ホルモン剤)を長く飲み続けるという方法です。

出血は炎症なので、無い方がいいのです。

出血(生理)時の腹腔内への逆流血を減らすことで、

子宮内膜症にもなりにくくなります。

(もちろん、内膜症治療目的でピルを飲んでいる方は、治療効果も上がります。)

避妊目的でピルを服用する場合は、

定期的な出血がないと不安だという方がいるかもしれませんが、

そうでなければ、

出血はできるだけ起こさずに低用量ピルを使ってみましょう。

ご相談ください。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2019年07月12日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。