院長ブログ|横浜市都筑区の婦人科「ひまわりレディースクリニック」

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

映画「デトロイト」人種差別を考える

映画を観ることはあまりなく、

昨年観た映画は二つだけ。

ハリーポッターシリーズの

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」と

「君の名は」でした。

ほのぼのとした心温まる映画を観た後は、

会話もはずむのですが、

昨日観た「デトロイト」は重い映画でした。

今年4本映画を観ると目標を立てた夫に付き合い、

「怖いのはやだ」と言ったのですが

「ホラーやサスペンスではない。

これは史実だから。」と付き合わされました。

 

1967年にデトロイトで起きた

黒人たちの暴動の渦中、

黒人青年が白人警官に射殺されるという

事件を扱った映画です。

鑑賞中も、観終ったあとも

複雑な辛さを感じましたが、

監督が女性というのに勇気づけられました。

監督・制作:キャスリン・ビグロー。

また、人種差別主義者の警官を演じた

ウィル・ポーリター(俳優)は撮影途中で、

「暴行を加える演技を強いられるジレンマ」の苦痛で

「突然泣き崩れてしまった」ときがあったそうです。

でもこれはフィクションではなく『史実』なんです。

 

映画を観て思い出したのは、

米国留学中に通ったコミュニティカレッジで

学んだことです(平成9年に夫の留学に伴い渡米)。

それまで、アメリカは人種差別の国だと

勝手に思い込んでいたのですが、

カレッジで人種差別の歴史を学ぶ中で、

自分が狭い認識と偏見の塊だったことに気づきました。

アメリカはアメリカで自国の人種差別と闘っている。

それを教えてくれたのは

ジャニスという名の女性教官でした。

ブロンドのウェーブがかかった髪は肩の下まで、

ポロシャツやコットンシャツの上着に、

カラーパンツが似合う素敵な先生でした。

考えてみれば、女性も差別されてきたわけです。

キャスリン・ビグロー監督はじめ、

女性が社会的問題を取り扱うことは、

とても重要な意義があります。

どうぞ劇場で鑑賞される際には

女性の監督の作品だと意識しながら

ご覧になるといいと思います。

 

 カテゴリー:音楽、芸術  2018年02月13日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師が担当します。