院長ブログ|横浜市都筑区の婦人科「ひまわりレディースクリニック」

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

HRT エストロゲンの減らし時は?

更年期障害でHRT(ホルモン補充療法)をしているAさん、

5年前にエストロゲンを使い始めた時は、

2週間でのぼせが劇的に改善。

さらに、髪の毛の薄さと分け目が目立つのが

気になってましたが、

そちらもすっかり良くなって、

HRTライフを満喫しておりました。

 

HRTで補充するホルモンはエストロゲンです。

(子宮のある方は、子宮体がん予防に黄体ホルモンも併用します。)

更年期障害の治療では

そこそこ十分なエストロゲンを補充しますが、

5年、10年、20年、30年と年齢とともに

減量していく方法を当院では行ってます。

Aさんもそろそろ5年経ったので、

エストロゲンを減らすことにしました。

1日2錠飲んでいたエストロゲンを1錠に減らしました。

(HRTに使用するエストロゲンには内服薬、貼り薬、塗り薬があり、いずれも減量が可能です。)

1か月後に受診されたAさんですが、

何だか最近、頭痛がすると言います。

もしかして減量したせい・・・?かもしれません。

とりあえず2錠に増やして飲んでいただいたところ、

2週間で頭痛が改善しました。

結局、AさんはHRT開始当時の量のまま

2錠を継続することになりました。

ホルモンの感受性は人それぞれ、

ホルモンの減量時期も様々

「3分の2くらいがちょうどいい」という患者さんもいます。

これがHRTのオーダーメイド医療です。

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2018年03月13日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。