お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮腺筋症、もうすぐ閉経の場合

子宮腺筋症も筋腫と同様に良性の病気です。

違いは、子宮筋腫は子宮にできた筋肉の「こぶ」ですが、腺筋症は「子宮内膜組織」が筋層にできた病気です。

筋腫のホルモン治療といえば、月経を止めて閉経状態にする「閉経療法」です。

副作用に骨量減少があるので、半年しかできません。(治療終了から半年たてば、再治療ができますが・・・。)

一方、腺筋症の場合は、閉経療法以外に黄体ホルモンを使った治療があります。

黄体ホルモンには、子宮内膜を抑制させる効果があるので、腺筋症の病変に直接効くのです。

黄体ホルモンの飲み薬と、子宮の中に入れる方法があります。

子宮腺筋症の治療についてはこちら>

閉経したら治る病気なので、40台後半の方は次のような治療がいいと思います。

1.子宮の中に入れる黄体ホルモン ⇒ミレーナについてはこちら>

保険診療だと1万円で挿入できて、5年間効果が続きます。

子宮体がんの予防にもなります。

ただし、大きな腺筋症や出血が多い方は、脱出のリスクがありますので相談させてください。

2.内服の黄体ホルモン ⇒ディナゲスト(ジェノゲスト)

月3,000円くらい、不正出血などの副作用がありますが、患者さんの満足度高いです。

3.閉経療法 ⇒月経を止めて閉経状態にします。骨量減少の副作用があるので、半年しかできません。(治療終了後、半年たてば再治療可能です。)

4.漢方 ⇒桂枝茯苓丸など

軽度の症状ならば、漢方でも十分対応可能です。

5.特に症状が気にならなければ、閉経まで経過観察でいいと思います。

6.もちろん、手術(子宮摘出)も選択肢の一つです。

いずれにしても、筋腫も腺筋症も閉経までの病気です。

明るい未来がある!と思って過ごしましょう。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫 , ミレーナ  2019年02月19日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います