お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ミレーナを入れてみよう!

先週の木曜日はミレーナについてのWEB講演がありました。

ミレーナは子宮の中に入れる製剤で、そこには黄体ホルモンというホルモン剤がついています。

つまり、黄体ホルモン剤を子宮の中に入れるのですが、素晴らしい薬なのでご紹介します。

(注意:ミレーナが適さない方がいますので、必ず診察してからご相談となります。)

子宮の中に入れるという話をすると怖いという方もいますが、私は2回入れました。

1回入れると5年間有効です。

2007年に発売された当時は避妊具として認可されました。

当時45歳、新しいものはまず自分で試してみたくて挿入。

5年後の50歳、まだ閉経してないようだったので交換。

55歳で抜去したので今の私の子宮には何も入っていません。

私の場合は子宮内膜症もあったので、ミレーナだけでは疼痛のコントロールが難しく、内服薬も併用して治療を続けました。

また、最初は避妊具としての認可だったので、自費でお値段も高かったのですが、

2104年8月に過多月経、同年11月に月経困難症(月経痛)の治療薬として、保険が使えるようになってからとても安く挿入できるようになりました。

1万円で入れられて5年間有効なので、年間のコストは2,000円です。

先週のWEB講演では、1カ月160円と言ってましたね。

ミレーナ装着して最初の3か月は出血が続くことがありますが、1年もすると本当に少なくなります。

もちろん、挿入後から出血が減った、不正出血もほとんどなくてびっくりしたという方もいます。

子宮が正常な方はおりものシートで間に合うくらいに出血が減ります

過多月経でナイト用ナプキンが必要な方は、毎月のナプキン代を考えてみてください。

それが160円になるのです。

こんな素晴らしいお薬ですが、挿入に向かない方、薬の効果が期待できない方もいますので、まずは診察してからご相談となります。

 カテゴリー:ミレーナ  2020年12月14日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います