お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

エストロゲンには骨が壊れるのを抑える作用がある

正確に表現すると「エストロゲンには骨吸収を抑制する作用がある」です。

骨は新陳代謝によって常につくり替えられています。骨形成(骨をつくる)と骨吸収(骨を壊す)のサイクルが繰り返されているわけです。

エストロゲンは骨を壊す働きを抑えるので、閉経してエストロゲンが減少すると骨量が減少します。これは全ての女性で起こります。

更年期障害などでホルモン補充療法(HRT)をしている患者さんは、エストロゲンが補充されているので、骨量は減りません。

HRTで更年期症状から解放され、骨粗鬆症の予防もできて、さらにコレステロールへの好影響もあり、何だかんだメリット多いです。

HRTができない人、しない人は、骨粗鬆症予防対策を別の方法でしっかりしましょう。お気軽にご相談ください。

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン , 骨粗鬆症  2017年08月25日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。