お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

女性の血管はエストロゲンに守られている

循環器内科の先生が言ってました。

「女性の血管はエストロゲンに守られている」

素敵ですね♡

閉経前の女性が心筋梗塞になりにくいのはエストロゲンに守られているから。エストロゲンには血管をしなやかにしたり(血管拡張作用)、動脈硬化を予防する作用があるからです。

・女性の高血圧は閉経後に増加する

・心筋梗塞 女性は60歳代から増加する

・早く閉経した女性の方が、脳梗塞の発症率が高い

これらは閉経後のエストロゲン低下が原因です。

ホルモン補充療法(HRT)は動脈硬化を予防しますが、閉経後早くに開始した方がよいです。それは、「いったん動脈硬化が起こると、エストロゲンを投与しても改善せず、逆にエストロゲンの投与により、細くなった血管内に血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高めることになる(*)」からです。

(*)「エストロゲンと女性のヘルスケア」武谷雄二著 より引用

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2017年08月26日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
※火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の二診体制です。