子宮内膜症/子宮腺筋症の治療薬|横浜市都筑区の婦人科「ひまわりレディースクリニック」

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

子宮内膜症/子宮腺筋症の治療薬


子宮内膜症、子宮腺筋症について

子宮内膜症と子宮腺筋症、どちらも「子宮内膜組織」が「本来あるべき場所以外」にできる病気です。

子宮内膜症:子宮内膜組織が子宮周囲の臓器(腹膜・卵巣・腸など)にできる病気
子宮腺筋症:子宮内膜組織が子宮筋層の中にできる病気

治療薬について

女性ホルモンには、エストロゲンと黄体ホルモンの2種類があります。エストロゲンは子宮内膜を増殖させ、子宮内膜症を進行させます。一方、黄体ホルモンは子宮内膜を薄くして(抑制して)、内膜症や腺筋症を治療する効果があります。したがって、子宮内膜症/腺筋症の治療薬には、
1.エストロゲンを減らす閉経療法
2.黄体ホルモンの入った薬
があります。

低用量ピル

エストロゲンと黄体ホルモンの混合剤です。子宮内膜症・腺筋症治療の主役は黄体ホルモンです。少量のエストロゲンが含まれることで、確実に排卵を抑制し、不正出血が起こらないようにしています。

特徴
  • 子宮内膜の増殖を抑えて経血量が減り、月経痛が軽減する
  • 子宮内膜症、腺筋症の治療だけでなく、予防にもなる
  • 4週おきに月経が起きる(月経調節も可能)
  • 排卵を抑制する
  • 内服1日1回1錠
  • 副作用:重大な副作用は血栓症です(血管内に血のかたまりが詰まる病気)。喫煙や加齢でそのリスクが上がります。タバコはピルより160倍危険です。副流煙にも注意しましょう。
  • 費 用:約2,000 円/月(保険適用)

ディナゲスト(ジェノゲスト)

黄体ホルモン製剤で、1日2回1錠ずつ内服します。子宮内膜症の治療効果は抜群で、排卵抑制効果も期待できます。問題となる副作用は不定期に起こる不正出血ですが、ほとんど出血しない方もいます。

特徴
  • 子宮内膜の増殖を抑えて、病巣を小さくする
  • 排卵を抑える効果もある(ただし低用量ピルと比較すると排卵抑制効果はやや劣ります)
  • 内服1日2回1錠ずつ
  • 副作用:不正性器出血
  • 費 用:後発品で約4,000円/月(保険適用)

ミレーナ

黄体ホルモンが付いた子宮内システムです。子宮の中に入れて使用します。子宮内膜や子宮筋層、その周囲に直接作用します。保険適用では約1万円で挿入でき、最長で5年間効果が持続します。

特徴
  • もともとは避妊目的で開発された製剤
  • 黄体ホルモンの効果で子宮内膜が薄くなり、経血量が減る
  • 過多月経、月経痛、子宮腺筋症、深部子宮内膜症に有効
  • チョコレート嚢胞治療効果は低い(期待できない)
  • 排卵は抑制しない
  • 副作用:月経時期以外の出血
  • 費 用:1万円/5年(保険適用の場合)

閉経療法(スプレキュア、リュープリン)

エストロゲンの分泌を抑え、月経と排卵を止めて、一時的に閉経状態にすることにより、病巣を小さくします。

特徴
  • 閉経状態をつくることにより、エストロゲンの分泌を抑える
  • 点鼻(毎日)、注射(月1回)がある
  • 副作用:更年期症状(のぼせ、ほてり)に似た症状が出ることがある
  • 6ヵ月までしか使用できない
  • 費 用:6,000円~10,000円/月

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。