お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

月経痛に「芍薬甘草湯」

月経痛に使う漢方はいろいろありますが、

痛いときに飲むのが芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)です。

芍薬と甘草という2種類の薬草しか入ってません。

芍薬は筋肉の痙攣を鎮める作用があります(鎮痙作用)。

甘草は筋肉の痙攣性疼痛を止める作用があります。

月経痛も子宮筋肉の収縮だと考えてください。

痛み止めが効かないという方には、芍薬甘草湯を併用してもらうことがあります。

頓服でも効く場合がありますが、

予定の月経より2~3日前から飲み始めると効果的です。

さらに、月経痛で低用量ピルを飲んでるのに、

痛みがあって鎮痛剤をのまないといられないという場合は、

休薬(あるいはプラセボ)になったらすぐに

芍薬甘草湯を飲み始めてもらうこともあります。

甘くて美味しい漢方です。

鎮痛剤を飲み過ぎて胃が痛くなるっていう方もお試しください。

芍薬甘草湯は胃にも優しいですし、胃痛を取る効果もあります。

 

 カテゴリー:漢方  2018年11月24日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。