お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ著

本屋さん大賞にノミネートされてる本です。

昨年は重~~い小説を読んで、気分が滅入りがちになったこともありましたが、これは爽やかな本です。

主人公の優子ちゃんは、小さい頃に母親を事故で亡くして、父親が再婚、離婚、義母が再婚・離婚・再婚で、3回苗字が変わります。

と書くと難しそうですが、現在から過去を振り返る形で話が進むので、そこらへんの事情は容易にわかります。

母親が2人、父親が3人ですが、亡くなった本当のお母さんはあまり登場しません。

他の4人が個性豊かに描かれていて、とても魅力的です。

共通しているのは、全員が優子ちゃんを大好きで大切に思っているということです。

それなら、なぜ離婚なんてするの?と思うかもしれませんが、そこには大人の事情があるわけです。

離婚しても、一緒に住む親(大人)が変わっても、注がれる愛情は変わらない。

だから、優子ちゃんは素直に成長していきます。

3番目の父親の森宮さんは、一流企業で働きながら、男で一つで優子ちゃんを育てます。

オムレツや餃子、ゼリーなどの料理では、多くの男性にありがちなこだわりを発揮、餃子が連日続くなんて場面もあります。

本の帯にはこう書いてあります。

「私には父親が3人、母親が2人いる。家族の形体は、17年間で7回も変わった。でも、全然不幸ではないのだ」

水戸さん 産みの親。母は天国に、父はブラジルにいる(らしい)。

梨花さん 若くて美人でおしゃれな義母。優子にピアノを与えてくれた。

泉ヶ原さん 威厳ある、お金持ちの義父。でも少しお人よし。

そして、森宮さん。

人の優しさに触れて、温かな気持ちになれる本です。

 カテゴリー:読書、本  2019年01月30日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。