お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

閉経後の健康管理

加齢に伴う体の変化は男性も女性も同じように起こりますが、女性に特に注意して欲しいことがあります。

動脈硬化と骨粗しょう症です。

閉経前の女性の体はエストロゲンに守られているといっても過言ではありません。

エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、男性の体の中にもあります。

女性は閉経すると急激にエストロゲンが減少しますが、男性は少しずつ減るので、55歳ころから男性よりも少なくなってしまいます。

『女性』ホルモンのはずなのに・・・悔しいですね。

エストロゲンには血管をしなやかにしたり脂質代謝を改善させる作用があるので、閉経後は動脈硬化が進行します。

だから、女性では閉経してから高血圧や脂質異常症が増えてきます。

心筋梗塞も、女性は60歳代から増えると言われてます。

骨粗しょう症も同じです。

もともと男性よりも体格が華奢なので、女性の骨密度は男性よりも低いです。

それでも、エストロゲンには骨が脆くなるのを防ぐ作用があるので(骨吸収抑制作用)、閉経前の女性の骨はエストロゲンに守られてます。

そのため、閉経後は骨密度が減少しやすい、女性の方が骨粗しょう症になりやすいといえます。

閉経後の動脈硬化と骨粗しょう症の予防としては、HRT(ホルモン補充療法)がおすすめです。

HRTができない方は次のことに気を付けましょう。

1.健康診断を受けましょう。高血圧、脂質異常症は放置せずに治療しましょう。

2.骨粗しょう症の検査も受けましょう。まず、自分の骨年齢を知ることが大切です。

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2019年02月27日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。