お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「女性たちよ、大望を抱け!」

先週もご紹介した雑誌「オピニオン」冬号から、樋口恵子さんの記事が素晴らしいのでご紹介します。

込められたメッセージは「女性たちよ、待望を抱け!」

<日本国憲法で好きな条文>

憲法で好きな条文は何ですか?

「平和主義を謳った9条が好き」

「婚姻の自由を認めた24条がいい」

「天皇は象徴だとした1条がいい」いろいろありますね。

私は、第14条 すべて国民は、法の下に平等であって・・・が好きです。

樋口さんはどうかというと、好きな条文は27条。

「私が胸震えた条項は27条です。『すべて国民は勤労の権利を有し、義務を負う』。これを読んだとき、背筋がぞくぞくとしました。『男は』ではなく『すべての国民』には働く権利がある。」

昭和の平塚らいてうみたいですね。

ところが、樋口さん、大学を卒業していざ働こうと思ったら仕事がない。

労働法の権威にこれはどういうことかと聞きに行ったら、こう言われたそうです。(聞きに行くことろがすごい!)

「日本国の判例では、国は最低限度の生活保障をして国民を食わせている。世の妻の多くは夫に扶養されてパンはある。憲法27条は、『パンを与えよ、しからずんば職を与えよ』ということであって、もしも失業者があれば職を与えなければならないが、夫に扶養されている妻に仕事を与える必要はない。」

はあ~~、溜息が出るような回答ですね。

<女性たちよ、大望を抱け!>

女性の多くは結婚すると、扶養の範囲内でとか、夫の仕事の方が優先となりがちですが、それはそういう仕組みを男性中心社会が作ってしまったからです。

労働賃金の格差。

そのため、男性が働いて、女性は扶養された方がお得。

正社員で働くより、扶養の範囲内でパートで働いた方がお得。

このシステムを打開するには、女性たちの「大望」しかありません。

「働きたい」「働く」「勤労の権利を行使するぞ~~」など、いろいろ言い方はありますが、大望を抱くことが突破口です。

<働く楽しさを男性だけに独占させないで!>

これも面白い発想です。

働くことは大変だけど、面白い。

私たち夫婦は学生結婚で、二人とも医者ですが、どうしても夫の都合を優先してきました。

そういうところは、樋口さんに叱られそうです。

医者の世界には男女間の賃金格差はないので、私の考え方が男性社会に偏っていたのだと思います。

でも、ある頃から夫に嫉妬するようになりました。

私も自由に仕事をしたい!と思うようになったのです。

樋口さんのおっしゃる通り、社会や家庭を変えるのは、私たち女性の意識かもしれません。

 カテゴリー:その他  2019年03月27日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。