お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

60歳を過ぎたらHRTを開始できないのですか?

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期症状の軽減だけでなく、他にもいろいろなメリットがあります。

HRTを希望して婦人科に行ったら、「あなたはもう60歳を過ぎているのでできません。」と言われて、当院を受診される方は少なくありません。

確かにHRTガイドラインには「HRTの開始年齢を考慮すべき」とか「60歳以上では、明確な適応があり、利益が不利益を上回る場合に限り可能」と書いてあります。

禁忌ではありません。安全性を考慮すればHRTを開始できます。

それでは、どうして60歳以上は注意しなければいけないのでしょうか?

HRTはエストロゲンを補充する治療です。

閉経前後から開始すれば動脈硬化を予防できます。

実際に、閉経後10年未満もしくは60歳未満でHRTを開始すると、心筋梗塞が減少し、予防効果があります。

ところが、60歳を超えて開始すると、心筋梗塞や静脈血栓症などのリスクが高くなるというのです。

本来、エストロゲンには悪玉コレステロールを下げたり、血管をしなやかにする作用があるのに、どうして?と思いますよね。

たぶん、動脈硬化が起こる前なら予防できるけど、すでに進行した状態では血栓など血管の病気が起こりやるくなるのだと思います。

そこで当院では、60歳以上HRTを開始する場合、次のことに気をつけてます。

最少有効量のHRT ⇒エストロゲンの量を減らす。90歳過ぎても安全に使用できるエストロゲン製剤があります。

通常量でHRTを開始する場合は、動脈硬化がないか検査する ⇒頸動脈エコー検査のことです。首の動脈の壁を観察することで、動脈硬化があるかわかります。

残念ながらHRTができない方は、エクエル(エクオール)や漢方などをご提案します。

そんなところでしょうか・・・。

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2019年04月05日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。