お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

レルミナ錠 新しいホルモン剤の紹介

「レルミナ錠」は3月に発売になった子宮筋腫の治療薬です。

薬で筋腫を治せるの?と思った皆さん、残念ながらそういうわけではありません。

<子宮筋腫は閉経までの病気>

子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなりますが、閉経して女性ホルモンが減れば小さくなります。

すなわち、子宮筋腫は閉経までの病気です。

30歳以上の女性の3~4人に1人は持っているといわれている筋腫ですが、ほとんどの方は治療の必要はありません。

出血の量が多くて困る、血液検査で強い貧血がある、筋腫が大きくなって圧迫感があって困るなどが、治療の対象になります。

「レルミナ錠」は閉経療法の薬です。

ホルモン剤で閉経状態にして筋腫を縮小させる治療が「閉経療法」です。

点鼻薬と注射薬がありましたが、「レルミナ錠」が発売となって、内服が仲間入りしました。

1日1回1錠を食前に飲みます。

1か月分で約8,000円、新薬なので1年間は2週間分しか処方できません。

閉経と同じ状態にしちゃうので効果満点なんですが、点鼻や注射同様に6カ月しか処方できません。

閉経療法の副作用は、更年期症状に似た症状が出ることがありますが、これは個人差があるので治療する前から不安になることはありません。

まず点鼻や内服から治療を始めて、特に副作用が気にならなければ月1回の注射にすると楽ですね。

子宮筋腫の治療は他にもこんなものがあります。

<止血剤>

出血を減らす効果が期待できる。

<鉄剤>

鉄剤を飲んで貧血を治療して、閉経まで頑張る!有りありです。

<漢方>

骨盤内の血液の循環を良くして、筋腫の様々な症状を軽減します。出血を減らす効果のある漢方もあります。

<低用量ピル>

出血を減らす効果を期待して服用します。

などなど、いろいろありますのでお困りの方はご相談ください。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2019年04月20日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。