お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

映画「ペンタゴン・ペーパーズ」

久しぶりに日曜日は松本でゆっくり過ごしました。

午前中は松本パルコ店内の楽器店でサックスのレッスンを受け、午後はスポーツジムで5㎞走り、夜は夫に付き合って映画を観にいきました。

スティーヴン・スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ(最高機密文書)」。

ベトナム戦争に関する機密文書、そこには4人の大統領(トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン)がこの戦争に勝てないことを知ってたということが書かれてた。

世界の動き(国内もですが)には全く疎い私、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストが最高機密文書を暴露したなんてことは・・・記憶にございません。

大雑把な映画の内容を夫から説明を受けてから観ましたが、よくわからなくて予習をしておけばよかったと思いました。

最初の方は少しウトウトしてしまったし、「ベン」という名前の男性が二人出てたので、混乱してしまいました。

それでも、メリル・ストリープ演じるキャサリン・グラハム(ワシントン・ポストの社主)と、トム・ハンクス演じるベン・ブラッドリー(編集主幹)の緊張感と信頼感あふれる演技に、次第に引き込まれていきました。

映画の内容には興味がわかないという方もいると思いますが(私もそうでした)、女性にこそ観てほしい映画です。

1971年6月13日(日)、ニューヨーク・タイムズがベトナム戦争に関する最高機密文書を暴露。

6月15日、ニクソン政権がニューヨーク・タイムズに対して記事の掲載の差し止め命令を出した。

そのような緊張する状況の中で、ワシントン・ポストも独自の調査を行い、最高機密文書のコピーを入手し、6月18日に発表した。

この文書を公表するかどうするか、その最終的判断を任されたのが経営者のキャサリン・グラハムです。

時間がない状況で決断しなければならないキャサリンの気持ちの動きを、メリル・ストリープが好演してます。

男性中心の社会で女性が活躍するのは大変と感じている方には、是非観てほしい映画です。

力をもらえます。

 

 カテゴリー:音楽、芸術、映画  2018年04月16日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。