お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

インフルエンザ発症予防

風疹はワクチンで予防できるのに、インフルエンザは厄介ですね。

「予防接種したのにインフルエンザになってしまった。」

「1回インフルエンザに罹ったのに、またなってしまった。」

今年のインフルエンザ罹患率は過去最高なんて報道されてますが、ある病院では、入院患者さん19人、職員35人が発症してしまったそうです。

病院ですから、当然、職員はワクチンを接種してます。

それなのに、ウイルスの型が違えば感染してしまうのです。

それが風疹と違うところですね。

風疹はワクチンを接種すれば感染を予防できます。

しかし、インフルエンザウイルスは型が変化するので、厄介です。

マスクは感染を予防するには有効ですね。

それから、免役が落ちると発症しやすくなるので、発症予防には、良く食べて、寝ることも大切です。

ワクチンといえば、子宮頚がんもワクチンで予防できます。

原因になるウイルスはHPV(ヒトパピローマウイルス)といいます。

HPVの型は150種類以上あり、そのうち子宮頚がんの原因になる型は13種類くらいと言われてます。

13種類全部を予防できるワクチンがあればいいのですが、日本にあるのは16型と18型です。

でも、この2種類を予防するだけで、子宮頚がん全体の67%、20代の90%を予防できるのです。

さらに、16型18型のがんは進行が速いので、ワクチンで感染予防するメリットは大きいです。

そう考えれば、インフルエンザも風疹も子宮頚がんも、同じ「ワクチンで防げる病気」ですね。

 カテゴリー:その他  2019年02月05日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。