お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

HRT(ホルモン補充療法)開始時の副作用ってあるの?

一昨日のブログでは、低用量ピル開始時の気になる症状について書きました。

それでは、更年期障害などの治療に使われるHRT(ホルモン補充療法)はどうでしょうか?

同じホルモン治療ですが、低用量ピルとHRTには違いがあります。

簡単に言えば、低用量ピルは若い女性に使います。排卵や卵巣機能を抑えて、避妊や病気の治療(予防)をする薬です。

HRTは、卵巣の機能が低下した中~高年女性に使います。ほんの少し女性ホルモンのエストロゲンを補充します。

したがって、HRTで使うホルモン量は、低用量ピルの5分の1~8分の1くらいと言われてます。

誤解しないでいただきたいのですが、低用量ピルには避妊効果だけでなく、子宮内膜症の予防・治療、卵巣がんの予防など、たくさんのメリットがあるので、すぐに妊娠希望がなければ、すべての若い女性に飲んで欲しいと思ってます。

HRTは閉経前後から閉経後の女性のQOL(生活の質)を高める薬だと思ってください。

患者さんには、まず2週間試してみましょうとお願いしてます。

「使って良いことはあっても、悪いことはないと思ってください。時々、胸(乳房)が張るっていう人もいるけど、気にならなければ2週間続けてみてください。気になるようなら、薬を減らせば張りは無くなりますよ。」

ホルモン量が少ないので、頭痛や吐き気が出ることはまずありません。(ただし、片頭痛がある方は、悪化の可能性があるので注意しましょう<慎重投与>。)

「(HRT)の乳がんのリスクは、5年以上で少し増えるという報告もあるけど、2週間のお試しなら全く心配しなくていいです。」

もちろん、HRTができない人、しない方がよい人もいますので、お試しするかどうかは相談となりますが、開始時の副作用については心配ご無用です。

 カテゴリー:クリニック  2019年03月07日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。

火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。

金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。