お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

骨粗鬆症の薬で乳がん、子宮体がん予防

本日は骨粗鬆症の話です。

「エビスタ」と「ビビアント」という骨粗鬆症の薬があります。

骨にあるエストロゲン受容体にくっついて作用する薬で、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(selective estrogen receptor modulator)、略してSERM(サーム)といいます。

 

サームの特徴

エストロゲンというホルモンは体のいろいろな場所に働きます。

よく知られているのは「乳腺」「子宮」「骨」などです。

これらの臓器にはエストロゲン受容体があります。

普通のエストロゲンは、乳腺・子宮・骨の全ての受容体を刺激します。

一方、サームは骨は刺激するけど、乳腺や子宮は刺激しないという都合のいい薬です。

 

さらに、サームには乳がんリスク低下作用があり、エビスタの方がビビアントよりも乳がん予防効果は優れているようです。

また、ビビアントには子宮内膜増殖を抑える作用があり、子宮体がんの予防が期待できます。

 

エビスタ

最初は乳がん治療薬として研究開発されたようです。

骨量増加作用があることがわかり、骨粗鬆症の治療薬として使われるようになりました。

海外では、骨粗鬆症治療薬としてだけでなく、乳がん予防の効果も認められてます。

子宮体がん予防効果はありません。

 

ビビアント

エビスタと同じくらいに骨量増加の効果があります。

こちらも乳がん抑制が期待できるようです。

さらに、子宮体がん予防として、HRT(ホルモン補充療法)の黄体ホルモンの代わりに使われることがあります。

実際に海外には、エストロゲンとビビアントを合わせた更年期障害の薬があります。

 

サームの副作用

骨量が増えて、乳がん予防にもなるなんて、素晴らしい薬ですが、副作用はないのでしょうか?

血栓症という副作用があるので、当院では高齢者には処方しません。

血栓症とは、エコノミークラス症候群と同じ病気です。

長時間のバス旅行や海外旅行のときは、気を付けるようにしましょう。

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン , 骨粗鬆症  2018年05月01日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。