お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

帯状疱疹とワクチン

ワクチンの話題ばかりでうんざり・・・という方にはごめんなさい。

帯状疱疹は皮膚科の病気ですが、陰部や臀部にできることもあり、婦人科を受診される方は少なくありません。

明らかに湿疹(疱疹)ができてれば診断は簡単ですが、初期の症状は「ピリピリする」とか、何となく感覚が変という程度のこともあります。

そのため、「後医は名医」と言われる疾患の一つでもあります。

湿疹(疱疹)は後から出てくるので、最初に受診した時には診断がつかなくて、後で受診したところで帯状疱疹と診断されることがあるからです。

帯状疱疹は後遺症で痛みが残ることがあるので、とにかく早く治療をすることが重要です。

【帯状疱疹の原因】

帯状疱疹の原因は、水痘(水ぼうそう)と同じウイルスです。

水ぼうそうが治ったあと、ウイルスは体内の神経節に潜伏します。

通常ウイルスは眠った状態でいますが、加齢や過労、ストレスなどで免疫が落ちると活動を始めます。

神経に沿って皮膚症状が出るので、片側(右または左)に出ます。

帯状疱疹の問題は、やはり後遺症の神経痛です。

対策は3つ

1.ストレスや疲れで発症するので、日々の体調管理が重症!ですが、そうは言っても・・・ですよね。

2.おかしいな?と思ったらすぐに受診して早期治療・・・できればいいですよね。

3.ワクチンで予防!っていう方法があります。

時々患者さんから「帯状疱疹のワクチンはしてますか?」と聞かれます。

皆さんよく知っているなあと感心しますが、当院では扱っていませんので皮膚科でご相談をお願いします。

【予防ワクチンについて】

2種類あります。

いずれも50歳以上の人が対象です。

保険はきかないので自費になります。

(1)水痘ワクチン(水ぼうそうの予防接種と同じ)

 接種は1回、費用は約7,000円

 発症を50%予防できます。

(2)シングリックスというワクチン

 接種は2回、費用は1回約2万円。

 50歳以上で97%、80歳以上で91%という予防効果があります。

どちらも費用は医療機関により異なります。

帯状疱疹は女性の方が発症率が高い傾向にあるようです。

どうしてかわかりませんが。

予防にはワクチン接種も大事ですが、疲労をためない、睡眠を十分にとることも大切です。

何だかHPVワクチンと似てますね。

ガーダシル(4価ワクチン)で7割の子宮頸がんを予防。

シルガード9(9価ワクチン)で9割の子宮頸がんを予防。

予防にはワクチン接種も大事だけど、子宮頸がん検診も大切です。

 カテゴリー:その他  2021年09月10日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います