お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

PMSの症状がよくならない・・・

PMS(月経前症候群)は、排卵後の黄体ホルモンが主な原因ではないかと考えられてます。

そのため、低用量ピルなどで排卵を止めるとPMS症状が無くなる方がほとんどです。

「ピルなど」と書いたのは、ピル以外でも排卵を止めるられるホルモン剤があるからです。

私も、若い頃(今年還暦だよ)はPMS症状が激しくて、夫婦喧嘩や子どもを叱り飛ばしてしまうなど、家族に迷惑をかけてました。

月経が来て気持ちが落ち着くと同時に、今度は自己嫌悪に陥る。

そんなことを繰り替えしていた時期がありました。

そういう女性多いのではないでしょうか。

月の半分以上が、ガッカリな生活ですよね。

それが、ピルを飲み始めてから症状がなくなり、

「ああ、PMS(月経前症候群)だったんだ」と気づきました。

最近では、PMSという言葉が一般用語としても使われるようになり、

患者さんの問診票にも、困っていること「PMS」と書いてくる方が多くなりました。

妊娠の希望があれば漢方を処方して、早めに妊娠しましょうとお話します。

妊娠の希望がなければ、低用量ピルなどを提案します。

9割以上の方がピルなどでPMSが改善します。

時々、症状がよくならないと言う方がいます。

3列目でPMS症状が出ると言う方。

予期不安といって、月経(出血)が起こる前に必ず症状が出てしまう方がいます。

連続して内服してもらい、周期的な出血を起こさないようにすると予期不安がなくなります。

慢性的に症状が続くと言う方。

そういう場合はまず、ピルの種類を変えてみます。

ピル以外の、別のホルモン剤に変更することもあります。

いろいろ工夫してもよくならない方もいます。

どうしましょうか?

他の方法が必要かもしれないのでご相談しましょう。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2022年05月14日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
※火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の二診体制です。