お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

がん・生殖医療の現状

昨日の横浜市産婦人科医会の講演内容についてお話したいと思います。

演者は聖マリアンナ医科大学 教授の鈴木直先生でした。

高速道路の事故で渋滞に巻き込まれ、前進できないためUターンして、インターから一台ずつ降りたそうです。

7時半から講演開始予定でしたが、鈴木先生が到着されたのが8時10分頃、ホットしました。

 

がん・生殖医療

小児や思春期、若い世代ががんになった場合、かつては、将来の妊娠や出産を諦めざるを得ないケースがありました。

抗がん剤など薬の影響で卵巣機能が低下し、閉経後の卵巣と同じ状態になってしまうことがあるからです。

それなら、治療する前に卵巣を保存しておけばいいのに、と誰でも考えますよね。

それが大変難しいことだったんです。

 

現在では、がん患者さんが治療後に妊娠できるようにしておくために(妊孕性温存といいます)、3つの方法があります。

① 受精卵を保存

② 卵子を保存

③ 卵巣組織(卵巣そのもの)を保存

 

そして、思春期前の子どもたちの場合では、卵巣組織を保存する方法になります。

それができるようになったのは最近のことです。

2004年にベルギーで、若年のリンパ腫の患者さんに、凍結しておいた卵巣を移植して、妊娠・出産したという報告が最初のようです。

この頃より、がん患者に対する「妊孕性温存」の診療や研究が注目されるようになりました。

そして、医師だけでなく、看護師や心理士、薬剤師、ソーシャルワーカーなどのチーム医療でがん患者さんをサポートするという医療展開が、とても素晴らしいと思いました。

 

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療) , 妊娠、出産、産後  2018年04月27日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。