お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「オレは絶対にワタシじゃない」遠藤まめた著

「『面白い!』読み終わって、この言葉が口を突いて出ました。」という書評を読んで、思わず買ってしまいました。

遠藤まめたさんは女子として生まれたトランスジェンダーです。

小学校1年生のときの作文で、先生から

「男子は『ぼく』、女子は『わたし』と書きましょう」

と言われて、かたまってしまったそうです。

英語だったら男も女も「I」なのに、なんだかとってもややこしい、と書いてます。

日本語では「ぼく」「わたし」⇒英語では「I」・・・着眼点がユニークです。

こんな調子で話が進むので、期待通りの面白さです。

教養の深さも感じられます。

一般的ではない言葉などは、下欄で解説してあるので、いちいち調べなくても大丈夫。

主に、LGBT(セクシャルマイノリティ)の活動紹介ですが、ほぼ自叙伝になってます。

(LGBT:レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクリシュアル(B)、トランスジェンダー(T) の頭文字を取った総称)

トランスジェンダーやLGBTについて理解を深めるにはもってこいの本ですが、私の興味をひいたのは、草の根運動についてです。

とかく崩壊しがちな草の根運動ですが、継続するためのノウハウが経験談として書かれてます。

教訓8「ひとりのためにでもやってよかった、ということはある。」

など、16の教訓がのってます。

トランスジェンダーの仲間が天国に旅立ってしまったという辛い出来事もありました。

自分自身が病気になったときのことも書かれてます。

大変な病気だったので、主治医は将来の妊娠のことなど、女性の体のことを心配して親切に説明してくれました。

結局、主治医にカミングアウトして、それからは本音で話せる患者と医師の関係になれたようです。

まだまだ紹介したい内容はたくさんあるのですが、このくらいにしておきます。

 カテゴリー:人権、性教育 , 読書、本  2019年02月16日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います