お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「彼女は頭が悪いから」姫野カオルコ著

2016年、東大生ら5人が起こした強制わいせつ事件のことを覚えているでしょうか?

(こういう話が苦手な方は無理して読まないでくださいね。)

 

姫野カオルコさんが書いたこの小説は「フィクション」ですが、実際の事件を想像させるような展開です。

女子大生の服を脱がせて触ったり、高温のカップラーメンを胸元に落としたり、ドライヤーの熱風を当てたりなどのわいせつな異常行為がなされた事件です。

小説の中では、女子大生の自宅は横浜市青葉区で、身近な地名や駅が出てくるので、前半はテンポよく読み進めました。

普通の暴力やひったくりなどは、加害者が100%悪くて、被害者は同情されることがほとんどですが、

性被害となると少し異なります。

そんなところについていく方が悪いとか、逃げられたはずだとか、そんな服装でいるからだなど、

被害者が世の中からバッシングを受けることがあります。

おかしいと思いませんか?

悪いのは加害者なのに・・・。

被害者が逃げられなくなってしまう心理、そうなるまでの過程を、とても丁寧に書いてます。

加害者がきちんと裁かれないことが腹立たしいですが、

小説の最後~~の方に「お見事!」と思えるようなやり取りがありました。

被害者の大学の教授が彼女に寄り添います。

加害者である東大生の母親が教授に電話口で怒鳴ります。

「いったいなんなら、あなたの学校の女子学生は示談に応じるというの?」

さあ、教授はどう答えたのでしょうか。

母親は「学生も学生なら、大学も大学だわ」と憤慨し、「これまでの人生で、ここまで見ず知らずの人に罵倒されたことはありません」と怒鳴っって、電話を切った。

教授はこう答えたのです。

「息子さんを含む、事件に関わった5人の男子学生の前で、あなたが全裸になって、肛門に割箸を刺して、ドライヤーで性器に熱風を当てて見せるから示談にして、とお申し出になってみてはいかがですか」

 カテゴリー:人権、性教育 , 読書、本  2019年08月06日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。