お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮筋腫 子宮を取る?取らない?

緊急事態宣言が全国に拡大されました。

私の父母や夫が住んでいる長野県、息子が住んでる北海道では、東京・他県から移動した方や関係者の感染が認められたとういうケースがあったので、緊急事態宣言が全国に拡大されたことはよかったと思います。

さて、感染症の話題ばかりだと気が滅入るので、本日は子宮筋腫の手術の話です。

子宮筋腫は良性の腫瘍で、子宮にできる「こぶ」です。

女性の3~5人に1人は筋腫があると言われてます。

子宮筋腫は閉経すると小さくなるので、特に症状がなければ治療の必要はありません。

治療が必要な症状とは、

1.出血が多くて貧血がある

2.大きくなって、圧迫感がある。頻尿などの症状がある。

3.痛みを感じる

などでしょうか。

それぞれ、薬による治療はありますが、効果が不十分で、閉経までまだ年数があるねという場合は、手術を勧められている方がいらっしゃると思います。

20代~40代前半まで、これから妊娠を希望されている方は、筋腫だけ取りましょうという話になると思います。

44歳以上で、もう妊娠の希望がない場合は、子宮を全部取る子宮全摘術という手術になります。

子宮を取るか、取らないか、外出自粛要請が出ているこの時期にゆっくり考えてみましょう。

ちなみに、私の妹は、かれこれ十数年以上前になりますが、子宮筋腫で貧血になり、尿も出なくなって(尿閉)、子宮全摘しました。

多くの方が心配されているのは、子宮を取ることで体調不良が出たり、更年期症状が起きるのではないか?ということです。

女性ホルモンは卵巣から出るので、子宮を取っても体調が悪くなることはありません。

子宮筋腫の手術では、卵巣は残します。

それでは、手術するしないで何が変わるかというと、次の二つです。

①妊娠できなくなる ②月経がなくなる

いいかえれば、

①避妊しなくていい ②出血のわずらわしさがなくなる

もちろん、手術自体のリスクや麻酔のリスクはゼロではありません。

また、手術を推奨しているわけではありません。

当然、手術はしなくてよければしない方がいいです。

でも、日常生活に困っているなら、正確な情報をベースに検討して欲しいと考えてます。

そして、もう一つ考慮して欲しいことがあります。

それは、閉経後のことです。

更年期症状の治療でHRT(ホルモン補充療法)という、女性ホルモンのエストロゲンを補充する治療があります。

副作用に出血がありますが、子宮無いので出血は起こりません。

それから、子宮体がん予防に黄体ホルモンという薬も併用しますが、子宮無いのでその必要もないし、子宮体がんにもなりません。

将来のことは考えにくいかもしれませんが、子宮を取るデメリットばかり考えずに、メリットも考慮しながら、手術するしないを「自分で決める」がいいと思います。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2020年04月17日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。