お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「負けないで」ZARD

朝日新聞木曜日の夕刊といえば、三谷幸喜さんの「ありふれた生活」です。地方では夕刊がないので、金曜の朝刊に掲載されるため、松本市在住の夫とは、本日その話で盛り上がりました。

連載21年目になるそうですが、初の試みとして、ミステリー小説を4回にわたって掲載されるそうです。ユーモアたっぷりのミ・ス・テ・リ・ー小説。コロナ、コロナで深刻になっているときに、三谷さん、素晴らしい!どうしてこんなに面白いことができるの?

三谷さんといえば、田村正和さん演じる古畑任三郎ですね。放映延期や休止中のドラマに代わって、古畑任三郎を毎週でもいいです。

さて、これだけ気持ちを盛り上げといて、シリアスな話でごめんなさい、

誰もが知ってる曲「負けないで」のZARD、坂井泉水(さかいいずみ)さんの話です。

CDを2枚持っていますが、残念ながらそこには「負けないで」入ってないんですよね。

「負けないで」は、マラソン大会でよく流されている曲です。最近は、西野かなさんの曲に押され気味ですが、走っている途中で、必ず沿道のどこかで流れてきます。

♪ 負けないで もう少し 

最後まで走り抜けて

どんなに離れてても

心はそばにいるわ

追いかえて 遥かな夢を ♪

元気がでますよね。

昨年、ZARDの本「永遠 君と僕の間に」という本が刊行されました。

80ページまでは写真集で、坂井さんって本当に美しいと、あらためて思いました。どの写真も「切なそうな、はかなげな表情」です。

坂井さんは、子宮頸がんの治療で入院中に亡くなりました。

2007年(40歳)でした。

病気で亡くなったわけではなくて、高めの場所からの転落による事故死でした。

そこまでは知っていたのですが、実は、婦人科の疾患にとても苦しめられていたことは知りませんでした。

30代は、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症などに苦しめられていたようです。

たぶん、内膜症の痛みに苦しんでいたのだと思います。(違っていたらごめんなさい)

当時の治療といえば、閉経療法。半年の治療中は月経がなくなり、痛みもなくなるけど、更年期症状様の、のぼせ・ほてり・気持ちの落ち込みなどの副作用が出ることがあります。

副作用を我慢して治療を続けても、半年で治療は終了、そして再発して痛みの恐怖がまた襲ってきます。

坂井さんがそのような治療をしていたかわかりませんが、私も子宮内膜症に苦しんだので、自分や当時の患者さんと重ねて想像してしまいます。

今の時代だったら違っていたかも。

低用量ピルで予防、

低用量ピルで治療、

ピルの効果が不十分なら、黄体ホルモン剤(ジェノゲスト)で治療。

治療方法はいろいろあります。

私より5歳下の坂井泉水さん。

走るたびに、あなたの歌を口ずさみます。

「負けないで」は永遠に歌い継がれると思います。

 カテゴリー:音楽、芸術、映画  2020年04月24日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います