お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

コロナワクチンとHPVワクチン(その2)

コロナワクチンもHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)も、どちらも筋肉注射だよという話を前回書きました。

本日はどういうワクチンなのかという話です。

【新型コロナウイルスワクチン】

現在日本で接種が始まっているファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンは、遺伝子ワクチンとも言われてます。

ウイルス遺伝子の全部が体の中に入れば、コロナウイルスをどんどん作ってしまいます。

ワクチンには遺伝子の一部、ウイルスの表面のスパイクタンパク質(表面のとげとげした部分と思ってください)を作る遺伝子だけが入っていると思ってください。

その遺伝子の一部ではコロナウイルスは作られず、スパイクタンパク質だけ作られます。

そこに免疫反応が起こって「抗体」というのが作られます。

【HPVワクチン】

それでは、HPVワクチンはどういうものでしょうか?

こちらは「ウイルス様粒子」と呼ばれているもので、遺伝子の入ってない殻だけからできてます。

空っぽの殻ですが、それに対しての「抗体」はしっかりと作られます。

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)は約15種類ですが、それぞれウイルス様粒子が異なります。

まずは子宮頸がんの7割を占めて、悪性度も高いHPV16型とHPV18型をターゲットにしたワクチンが作られました。

それがサーバリックスとガーダシルです。

※サーバリックス:HPV16型、HPV18型を予防

※ガーダシル:HPV16型、HPV18型に加えて、コンジローマの原因となるHPV6型とHPV11型も予防

さらに開発が進み、HPV31, 33, 45, 52, 58型のウイルス様粒子も開発されました。

それが9価ワクチン(シルガード9)です。

HPVには変異株っていうのはありませんから、接種すればその型のHPVの感染をしっかり予防することができます。

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2021年05月02日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います