お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「検診もワクチンもキーワードはHPV」12月11日(土)14:00

NPO法人子宮頸がんを考える市民の会よりオンラインセミナー開催のご案内がありました。

いただいたメールには、一般の方の参加も大歓迎ですと書いてありましたのでご案内いたします。

『検診もワクチンもキーワードはHPV』

2021年12月11日(土)14:00~15:00

参加ご希望の方はこちらからお申込みください。

<http://ptix.at/2bq2nJ>

*********************************

【緊急開催】検診もワクチンもキーワードはHPV

 
詳細

先日、11月12日にHPVワクチン積極的勧奨再開される見通しになりました。
8年以上積極的勧奨が中止されていた中、「ようやく」という気持ちで一杯です。

昨今、世界の子宮頸がんを巡る状況は急激な変化の中に居ます。

 NPO法人子宮頸がんを考える市民の会(東京都豊島区)は、
12 月11日(土)に『「UP DATE 2021第2弾」
検診もワクチンもキーワードはHPV』オンラインセミナ ーを緊急開催
します。

 前回、11月13日(土)に開催をした『今さら聞けないHPVワ クチンの基礎から
最新情報まで』では多くの方から質問が寄せられ 、また厚生労働省がHPVワクチン
積極的勧奨再開を決めた翌日だ ったことも有り非常にホットな話題になりました。

 ただ、限られた時間の中、今野先生はお話しできなかったこともあ ったようで、
今回もHPVワクチンの話も含め検診の最新情報など をお話し頂く予定です。
子宮頸がん予防の第一人者である今 野先生より日本の子宮頸がん予防対策は
どうあるべきか一緒に考えましょう。

前半、HPVワクチンについては皆さんが疑問に思われている以下の点を解説頂きます。

・積極的勧奨再開までの間に何が分かったのか?
・HPVVの効果(最新知見)
・副反応の質問にどう答えるべきか?
・副反応疑いが起きたときの対処法

後半はHPV検査の最前線のお話を伺う予定です。

【日程・内容】

・2021年12月11日(土)14:00~15:00
【緊急開催】『検診もワクチンもキーワードはHPV』 

 子宮頸がんを考える市民の会は、子宮頸がん啓発黎明期より
医療者 ・教育者・政治家・行政担当者・NPOなどを繋ぎその方々に繋がる、
市民の方々に科学的な情報が伝わるよう継続的に専門家と共に 情報発信を
してきました。過去合計1500名以上が参加した「日本子宮頸がん予防・啓発
連絡会議」。
 その最新版にあたるのが「UP DATE 2021第2弾」。新たな検査やワクチンの
効果など最新情報を子宮頸がん 対策の第1人者である今野良先生にHPV検査・
HPVワクチン、 これからの子宮頸がん対策、自己採取HPV検査の展望について
合 計3回に分けてお話し頂きます。
※今回は2回目です

【対象】
医療者
教育者
団体保健担当者
政治家
行政担当者
女性の健康に関するNPO
HPVワクチン接種を検討している保護者の方
キャッチアップ世代の当事者
メディア

上記の方々を対象とした講演会です。

【講師各回とも】

今野良先生
自治医科大学病院附属さいたま医療センター産婦人科教授
LOVE49呼びかけ賛同人

【費用】
1,000円/回
※弊会個人会員・クラウドファンディング支援者は無料招待
※自治体子宮頸がん担当者・マスコミ・メディア・学生の方は無料

主催者 
みんな子宮から生まれてきた
NPO法人子宮頸がんを考える市民の会

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2021年12月05日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
※火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の二診体制です。