お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮腺筋症と子宮内膜症 コウノドリ第7話

先週のコウノドリ第6話は見そこねましたが、

昨日のコウノドリ第7話はしっかり見ました。

助産師の小松さんが、

子宮腺筋症と子宮内膜症にかかるという話でしたね。

小松さん(吉田羊さん)は手術を選択しましたが、

この二つの病気は、

年齢、妊娠希望の有無、症状の程度などで、

治療方針は変わってきます。

吉田羊さん演じる小松助産師は、

40代前半でしょうか?

そうなると子宮を取るというのも一つの選択肢になります。

 

患者さんの将来のことまで考えて、

その人にとってベストな治療法が選択されるべきです。

オーダーメイド医療ですね。

 

ドラマでは四宮先生(星野源さん)が、

「ホルモン治療はやめたら再発するし」

と言ってました。

たぶん閉経療法のことを言ってるのだと思います。

子宮内膜症/子宮腺筋症の治療薬についてはこちら>

閉経療法(点鼻と注射があります)は、

保険診療では6か月間までしか認められていないので、

やめれば再発します。

かつて、黄体ホルモン(*)の治療がなかったときには、

大きな子宮腺筋症の患者さんに、

閉経療法の漸減療法をしていたこともあります。

薬の量を少しずつ減らしながら治療を続ける方法です。

もちろん6か月を超えた分は自費になりますが、

その治療で閉経まで頑張った患者さんもいます。

でも・・・

やっぱり腺筋症と内膜症にならないことが一番!

子宮、卵巣のケアを10~20代からいたしましょう。

低用量ピルで予防ができます。

低用量ピルについてはこちら>

 

(*)黄体ホルモンの治療には二つあります。

  ①飲む方法:一般名ジェノゲスト

  ②子宮内に入れる方法:ミレーナ

 

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2017年11月25日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。