お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮頸がんを減らそう!

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)に限らず、

ワクチンの副作用や安全性について、

長崎大学小児科教授の森内治幸先生の説明が

とても分かりやすいので紹介します。

「根拠なきワクチン批判で救える命を見殺しにしないで」こちらから>

 

いわゆる副反応とされてきた、

けいれんする、歩けないなどの症状は、

名古屋市における調査で、

ワクチン接種者に多い症状ではないことが明らかにされました。

もちろんワクチンはどれも100%安全とは言えません。

しかし、例えばアナフィラキシーショックという副作用の場合、

ワクチンによって起こす可能性は抗菌薬(抗生剤)より遥かに低いものです。

 

森内先生の話の中にヒブ(Hib)ワクチンのことが出てきます。

ヒブという細菌は髄膜炎の原因No.1で、

多くの子どもたちの命を奪ってました。

ところが、米国の小児病棟に勤務していた頃には、

一人も患者がいなくて愕然としたと書いてます。

「ワクチンの導入がヒブという細菌を完膚無きレベルで駆逐した」わけです。

そして、日本にヒブワクチンが導入されたのは、

米国に遅れること21年。

その間に多くの子どもたちが命を落としたことに、

「小児科医はとてつもなく大きな責任がある」と言ってます。

 

さらに森内教授の投稿を読み進むにつれ、

涙が出そうになりました。

「失われる多くの命・・・誰が責任をとるのでしょう?」

「『自分はその頃にはリタイアしているさ』なんていい加減なことを考えて免れることではありません。」

はい、その通りです。

もしも、将来日本だけ子宮頸がんで命を落とす女性が減らなければ、

それは産婦人科医の責任だと、

そんな後悔はしたくありません。

 

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2017年12月19日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。