お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

手の痛みにエクオール

昨日の新聞広告に「エクオール」が載ってました。

エクオールは大豆イソフラボンが腸内細菌で代謝されて作られる物質です。

エクオールのサプリメント『エクエル』は当院でも扱ってます。

4,320円(税込)のところ4,000円で販売してます。

 

女性特有の手の痛みや変形は、エストロゲンの減少が関与してます。

エクオールにはエストロゲン様作用があって、3か月間エクオールのサプリメントを摂取したところ、6割近くの人に、指の腫れや痛みの改善が見られたそうです。

もちろん、HRT(ホルモン補充療法)の方がばっちり効きますが、HRTができない方はエクオールを試してみるのも一つの方法だと思います。

 

新聞広告に載っている先生は、四谷メディカルキューブの平瀬雄一先生です。

昨年の女性医学学会でも講演されていて、女性の味方、女性の目線で考えてくれているという感想を持ちました。

女性の手関節の変形をたくさん診察する中で、何とか予防ができないものかと考えたんだと思います。

 

もちろん、全ての女性に効くわけではありません。

私の右小指も変形し始めてます。

エクオールで関節痛は多少軽減してたと思うのですが、効果が不十分だったので、プラセンタの内服(1万5千円/月)を試しました。

プラセンタを飲んでで痛みは軽減しましたが、100%ではないので、エクオールを併用するといいかもしれません。

でも、毎月のサプリメント代が2万円になってしまいます。

 

そこで、今は漢方を試してます。

桂枝茯苓丸はのぼせにはいいようですが、関節痛への効果がないので、先週から桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)を追加して飲んでます。

 

プラセンタ注射について

当院ではプラセンタ注射を積極的には行ってきませんでした。

プラセンタ注射が安全であることは間違いないのですが、残念ながらプラセンタ注射をした人は献血ができないというシステムになってます。

そのため、プラセンタ注射は70歳以上の方、あるいは他ですでに注射したことがある方だけに限定してお受けしてます。

しかし、最近私も考えが変わってきました。

更年期障害で元気がなければ、献血どころではありませんよね。

したがって、いろいろな事情でHRT(ホルモン補充療法)ができない方に限ってプラセンタ注射をお受けすることがありますので、ご相談ください。

 

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2018年04月29日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。