お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

川原尚行さん スーダンと東北復興のために活動

15日の東北みやぎ復興マラソンには

医療支援として参加したのですが、

素晴らしい方と出会いましたのでご紹介させてください。

私たちランニングドクターは

「医師」というビブスをつけて走ります。

それを見て声をかけてくれた方がいました。

サファリハットをかぶった男性、

ラグビー選手のような体格・・・と思ったら、

本当に高校大学ではラグビーをしていたそうです。

川原尚行さん、九州出身の医師で、

アフリカのスーダン共和国で医療だけでなく経済支援など

様々な活動をされてます。

経済支援といってもお金の支援ではありません。

スーダンの人々が自ら経済力を持つための支援です。

たとえば古くから伝えられてる薬草の効果について、

日本の大学や企業と協力しながら

エビデンス(効果を証明すること)を集めて

薬を作るという取り組みなど、

ワクワクするような話をしてくれました。

 

東北とのつながりは、

2011年の東日本大震災で医療・災害復旧ボランティアとして

活動したことからだそうです。

昨年「東北みやぎ復興マラソン」が開催されるときに声がかかり、

昨年に続いて2回目の参加だそうです。

1週間前に帰国したと言ってました。

沿道から「川原さ~ん」という声援が次々と聞こえてきて、

東北の皆さんにとって特別な存在なんだなあと感じました。

外務省に勤務したことがあるというので、

「それなら○○先生知ってますか?」と伺ったところ、

「よく知ってます。先日お会いしました。」

「え~、私の高校・大学の先輩です。世の中狭いですね~。」

という話題で盛り上がってしまいました。

 

後で川原さんについて調べてみました。

「ロシナンテス」という法人の理事長として活動されてます。

2002年外務省医務官としてスーダンに派遣された際、

多くの子供たちが命を失っていくのを目の当たりにして、

2005年に外務省を退職してスーダンで医療活動を始めました。

2011年の東日本大震災では日本に帰国して、

医療・災害復旧ボランティア活動を行ったということです。

皆様、どうぞ応援をよろしくお願いします。

NPO法人「ロシナンテス」についてはこちら>

 

 カテゴリー:日常、諸活動  2018年10月15日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います