お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

いつ生理になるのか予想がつかないのが困る(更年期)

「だいたい1か月に1回来ていた生理が、このところ、なかなか来なかったり、早く来たり、予想がつかなくて困ります。」

「3か月生理がなかったから閉経かな?と思ったのに、突然の出血、しかも量が多くて困りました。」

更年期女性を悩ませる予測のつかない出血、排卵が規則的に起こらなくなったからです。

さて、どうしたらよいでしょうか?

いろいろ方法はあります。

<低用量ピルについて>

ホルモン検査をして、まだまだ閉経は先ですね!

という場合は、低用量ピルを始めるのも一つの方法です。

ただし、低用量ピルによる血栓症という副作用は、年齢が上がれば上がるほどリスクが高くなり、飲み始めの3か月が起こりやすいといわれてます。

したがって、更年期の月経不順を回避するなら、できるだけ早くから飲み始めた方がよいです。

飲み続けることによって血栓症のリスクは減るので、妊娠の希望がなければ30代~40代前半から始めるのがよいです。

<黄体ホルモン剤内服について>

ホルモン検査をしたらそろそろ閉経が近いかも・・・

という場合は、黄体ホルモン剤だけで出血のコントロールができるかもしれません。この場合は血栓症のリスクはありません。

ただし、上手くいくかどうかわからないので、相談しながら最もよい方法を一緒に考えていくことになります。

<ミレーナについて>

黄体ホルモンには、飲み薬だけでなく、子宮の中にいれる「ミレーナ」という子宮内システムの薬剤があります。

ミレーナで月経不順を治療することはできませんが、出血量がすごく減るので、不順も不正出血も全く気にならなくなります。

ミレーナが使えない方もいますので、まず診察してから相談になります。

<HRTホルモン補充療法を始める>

ホルモン検査で閉経が近いことがわかったら、HRTを始めてもいいと思います。

HRTは更年期障害の治療ですが、早く始めることで動脈硬化の予防ができます。

更年期になり、閉経が近づくにつれて、出血のトラブルに悩まされる方はあなただけではありません。

でも、やっぱりベストなのは、そうなることを予測して、40歳前後から低用量ピル開始するとか、ミレーナいれるとかするといいですね。

 カテゴリー:低用量ピル、月経 , 更年期、HRT、イソフラボン  2019年06月23日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。