お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

先天性風疹症候群 妊婦だけでなく周囲も予防策を

横浜市医師会では2カ月に1回、

「みんなの健康」という冊子を発行してます。

7・8月号の最新医療情報は「先天性風疹症候群」です。

執筆者は長塚正晃先生、

当院のすぐ近く(徒歩数分)の昭和大学横浜市北部病院 産婦人科の長塚教授です。

とても分かりやすいので一部ご紹介しますが、

「みんなの健康」はクリニック待合室にありますので、

ご自由にお持ちください。

横浜市では19歳以上の妊娠を希望している女性と、

そのパートナーは無料で風疹抗体検査ができます。

(但し、ワクチン接種が2回以上ある方は対象になりません。)

抗体が無い(または低い)場合は3,300円でワクチン接種ができます。

また、検査しなくてもワクチンを接種することもできます。

<なぜ風疹が流行してるのか?>

大きな理由の人るは、過去の風疹ワクチン制度にありま。

かつては女子中学生だけに行われていた時期や、制度の変更により接種率が低下した時期がありました。

特に40歳~57歳の世代の男性は、制度上接種を受けてません。

<妊婦の予防策は?>

風疹は、感染者のせきやくしゃみで飛び散る唾液などにより感染します。

マスクをつけるなどの習慣をつけましょう。

また、同居する家族の方へのワクチン接種も有効です。

ワクチン未接種の人がいることで、

社会全体における感染症のリスクは高まります。

それは風疹に限ったことではありません。

ワクチンは、接種した人だけでなく集団免疫効果も期待できるので、

できるだけ多くの人が接種することで流行を防ぐことができます。

 カテゴリー:妊娠、出産、産後  2019年07月26日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。