お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ダイエットと骨粗鬆症

高齢化が進む中で「骨粗鬆症」対策はとても重要。

まずは自分の骨年齢を知ることから始まります。

*骨粗鬆症の検査は、腰椎や大腿骨頸部(股関節)の骨密度を測定します。若い方の骨密度を基準に、70%未満が骨粗鬆症、70~80%が骨量減少となります。

女性は男性よりも骨粗鬆症になりやすいと言われてます。

一つには女性ホルモンのエストロゲンが関与してます。

エストロゲンには骨が壊れるのを防ぐ作用があります。

したがって、閉経してエストロゲンが減ると骨密度は低下していきます。

平均の閉経は50歳くらいですが、60歳を過ぎるとエストロゲン値は男性よりも低くなります。

エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、男性の体の中にもあるのです。

面白い・・・、というよりも「女性」ホルモンなのに男性よりも少なくなるなんて、かなりショックです。

女性が骨粗鬆症になりやすい、もう一つの理由は、男性よりも華奢だということです。

(私は体が大きくて、がっしりしてるので骨量たっぷりですが。)

特に、骨は10代~20代で作られて骨量のピークを迎えます。

その大事な時期に体重が減ると、十分な骨が作られなくなります。

思春期や若い女性のダイエットは、将来の骨粗鬆症のリスクがとても高くなります。

ダイエットの影響で、最近は出産後に骨粗鬆症で骨折!ということも起こってます。

ダイエットの魅力は「達成感」だと言われてます。

何となく始めたダイエット、体重が思うように減って、私にもできる!っていう自信が芽生えます。

周りからもスマートになったね!と褒められると嬉しくなります。

そのうちに生理が止まって、産婦人科を受診して、ホルモン剤を飲むと生理は来ますが、体重が戻らなければ骨は増えませんし、体も元にもどりません。

体重が減った時期が長ければ長いほど、骨は作られないし、むしろ減っていきます。

特に思春期のダイエットや体重減症は、できれば生理が止まる前に周りが気づいてあげて欲しいです。

 カテゴリー:骨粗鬆症 , 子育て、思春期  2019年09月05日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います