お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮頸がん「排除」か「撲滅」か

1月18日の院内セミナーには5名の方が参加してくれました。

参加者の興味は様々ですが、HPVワクチンについては、情報がなくて困っていらっしゃいました。

安全なはずのHPVワクチンについて、どうしてこんなにも情報がないのでしょうか?そんな話もさせていただきました。

次回は2月13日(木)の予定です。どうぞお気軽にご参加ください。

情報提供といえば、岡山県が接種対象者向けのリーフレットを作成しました(PDF) こちらから>

小6年~高校1年生までは無料で接種できます。

産婦人科学会HPや小児科学会のリーフレットもご覧ください。

日本産科婦人科学会HP こちらから>

小児科学会リーフレット(PDF) こちらから>

さて、神奈川県医師会で「子宮頸がんとHPVワクチン(仮)」のパンフレットを作成することになり、年末から執筆作業を続けてます。

私一人で執筆しているわけでなく、他の産婦人科医との協同執筆です。

原稿締め切りが1月17日だったので、とりあえず原稿(案)を送り、この週末で細かいところを修正・調整しました。

それにしても、言葉って難しいですね。

はじめにの書き出しはこんな感じです。

「子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンと検診で予防できるがんです。世界では子宮頸がんの排除に向けて、ワクチン接種率90%を目指した活動が始まっています。」

がんを「排除」?撲滅じゃないの?と思いますよね。

排除と撲滅は、公衆衛生上の専門用語です。

簡単に言うと、

「ウイルスや細菌などが原因となる疾患の国際用語には、Elimination(排除と訳します)とEradication(撲滅)という言い方があります。子宮頸がんには前者のElimination「排除」という用語を使います。」

この説明文を考えるのに、1時間も費やしてしまいました。

世界ではワクチン接種率90%を目指してます。

日本はどうでしょうか?6年前は70%以上の接種率でしたが、ほぼ0%になってしまいました。このままでは、日本だけ子宮頸がんの患者さんが増え続けることになります。

私たち産婦人科医は、20代30代の子宮頸がんの患者さんをたくさん診ています。だからこそ、ワクチンで予防できるものは予防して欲しいと思うわけです。

----------------------------------------

解説<感染性疾患の用語>について

Elimination(除去、削除): 感染性疾患をワクチンなどで特定地域で排除することだが、麻疹の様に海外からの移入などで流行が起こる可能性が残る状態 

Eradication(撲滅): 病原菌やウイルスを完全に排除し根絶すること。天然痘が1例。

2者を区別する適切な日本語訳がないので、Eliminationを「排除」と訳す。

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2020年01月19日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。