お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

スーダン 女性が社会を変える

認定NPO法人ロシナンテスの川原尚行さんとの出会いは、2018年10月の東北みやぎ復興マラソンです。

それから私もロシナンテスの寄付会員になり、毎月1,000円の寄付をしています。

ロシナンテスは主にスーダンの医療を支援する活動をしています。

外科医だった川原尚行さんは、外務省に入り、大使館の医務官としてスーダンに赴任しましました。

「しかし、日本政府は当時内戦中のスーダンへの援助を停止していたため、目の前で苦しむスーダンの患者さんを救うことが許されなかったのです。川原は外務省を辞して、スーダンで医療支援を始めました。これが、ロシナンテスの活動のきっかけです。」(ロシナンテスHPより抜粋)

ロシナンテスHPはこちらから>

ロシナンテス事務局からは定期的に活動報告メールが来ますが、昨年末の川原さんが書いたスーダン現状報告は厳しい内容でした。

「私は2002年からスーダンにいますが、今までで最悪の治安状況となりました。日本人スタッフの危険性を感じ、彼らの緊急帰国をオペレーションしました。」

スーダンではないですが、中村哲さんの訃報が昨年より報道されてますね。

日本で日々安全に過ごせることに感謝したいです。

さて、スーダンは厳しい治安状況ではあるものの、昨年8月に、暫定統治機構が生まれました。

計11人で構成された組織ですが、女性が選ばれていたことに、川原さんは大変驚いたそうです。

「イスラム色の強いスーダンでは、過去要職を占めていたのは男性でしたが、民間からは2人の女性が選ばれています。さらに一人の女性はイスラム教ではなくキリスト教です。」

「外務大臣には女性が就任しました。スーダン政府史上初めての女性外務大臣です。」

さらに、昨年完成した給水所の「水管理委員会」に女性の参加を促したところ、13人中、6名の女性が入りました。

スーダンもこれからは女性の活躍が期待されてます。

女性が社会を変えるというのはどこも同じ。

日本はどうなんだ~~。

2019年のジェンダー・ギャップ指数で、日本は153カ国中、過去最低の121位。

日本の女性の皆さん、このままでいいんですか?

ここらへん、上野千鶴子さんがバッサリ言ってくれてます。

上野千鶴子さんのお話は、また別の機会にでも。

今日はこのへんで。

 カテゴリー:日常、諸活動  2020年02月04日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。