お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮内膜症 治ったら、もう治療しなくていいの?

子宮内膜症の再発、残念なケースを時々経験します。

他院でホルモン治療(あるいは手術)して、治ったから治療は終了と言われたけど、最近また痛みが出てきたというので検査したら、子宮内膜症の再発だった。

というケースが多いですが、当院で治療していたのに、再発ということもありました。

チョコレート嚢胞があって、当院で低用量ピルで治療して消失(観察不能になった)。よかった、よかった、このまま治療を継続しようね。と話していたのですが、治ったら薬は飲まなくていいと他で言われたらしく、止めたいというのです。

子宮内膜症は「子宮内膜と同じ組織が、子宮内以外の場所で増殖する疾患」です。
主な症状は月経痛ですが、痛みはそれほど強くないのに、卵巣に血液がたまってチョコレート嚢胞という嚢胞を作ったり、不妊症の原因になることがあります。

ホルモン治療は、若い方では主に低用量ピルをつかいます。

軽度の内膜症で痛みが主訴の場合は、一旦止めて経過観察することもあります。だいたい、痛みが再発して、治療再開になるので自己決定をさせた方がよいと判断することもあります。

しかし、チョコレート嚢胞がある場合は、治療を中止しない方がいいです。止めたいと言われても、がん化のリスクや不妊症のリスクを説明して、継続をお願いします。

それでも、残念ながら治療を中止してしまう方がいます。再発した場合は、本当に残念でなりません。

子宮内膜症は、進行すると子宮や卵管・卵巣の周囲が癒着します。癒着は薬では治せないので、手術する場合もあります。丁寧に手術すれば治りますが、その後何もしなければ多くは再発します。

だから、治ったと思っても治療は続けてください。

ただし、ホルモン治療は排卵を止めるので、妊娠希望の場合は妊娠の治療になります。そして、妊娠中は子宮内膜症は改善します。

妊娠の希望がなければ、閉経まで治療を続けることをお願いします。

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2020年05月07日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。