お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ひまわりさんはどうしてピルが安いの?

よく聞かれる質問です。

低用量ピルには、OC(自費のピル)と保険がきくピルがあります。

OCとは「経口避妊薬 Oral Contraceptives」のことで、保険がきくピルというは「月経困難症治療薬」のことです。

保険のピルは薬価というのが決まっているので、どこで処方しても金額は同じです。

一方、OCは自費なので、金額は自由に決められます。

当院のOCが他と比べて安いのは、私が勝手に金額を決めているからですが、それには次のような思いがあります。

一つは、多くの女性にOCを使って欲しいから。

フランス人女性を対象に1990年に実施されたアンケートにこんなものがあります。

「この20年間に、あなたの人生を変えることに最も貢献したことは?」という質問に対し、約6割のフランス人女性が「OCを利用した避妊」と回答しました。

避妊ができるということは、いつ妊娠するか決められるということです。

女性が主体的に自分の人生設計を考え、行動する力が発揮されます。

それから、OCの効果は避妊だけではありません。

多くの副効用の中でも、月経痛の緩和は女性のQOL向上に貢献してきました。だから、日本では月経困難症(月経痛)の治療薬として認可されたわけです。

海外ではOCが無料のところもあります。有料でも10代の女子でも購入できるように安い金額です。

日本でも、もっと安く手に入る薬であって欲しいと願い、お安く提供させていただいてます。

それから、もう一つの理由です。

保険の「月経困難症治療薬」の後発品が出てきて、10年前の半額以下になりました。

そのため、消費税が10%に上がっても、OC(自費のピル)の自己負担額は変わらないようにしました。

20年後の日本女性に対して、「この20年間に、あなたの人生を変えることに最も貢献したことは?」という質問をしたら、「OC」「月経痛の薬」って答えてくれたら嬉しいですね。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2020年07月19日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。