お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

骨盤臓器脱 子宮だけじゃない、膀胱や直腸も

女性は妊娠や出産という機能があるため、それゆえ男性には起こりえない、女性特有の困った問題が発生することがあります。

骨盤臓器脱もその一つです。

どうして「脱」が起こるかというと、「腟」があるからです。

何か丸いものが触れる、と言って受診される方が多いです。

お風呂場で気づいたとか、立っていると出てくるとか、午後になると出てくるという方もいます。

骨盤内の臓器には前方より「膀胱」「子宮」「腸(直腸)」があります。

肛門挙筋(こうもんきょきん)という筋肉がそれらの臓器を支えています。

ただ支えるだけでなく、尿や便の失禁を防いでます。

骨盤臓器脱は支える筋肉が弱くなって、腟内にそれらが落ちて(出て)くる病気です。

子宮だけが落ちると思っている方が多いと思いますが、膀胱や直腸も腟内に出ることがあります。

それらを「膀胱瘤(りゅう)」「直腸瘤」と呼びます。

肛門挙筋の支えが弱いと、排尿や排便障害を起こすことがあります。

排尿障害では、頻尿、尿失禁、排尿困難、残尿感、膀胱炎を繰り返すなどです。

排便障害では便秘などです。

便秘で息むと肛門挙筋が緩み、膀胱・子宮・直腸はさらに下がりやすくなります。

それが悪循環を起こします。

骨盤臓器脱は予防ができます。

30代~40代からの予防が大切です。

肛門挙筋をはじめとした骨盤底筋を鍛える体操です。

それから大切なのは、太らないこと、それから便秘の対策です(いきまない)。

最近お腹が出てきたと思って腹筋ばかりするのは要注意です。

骨盤底筋が緩くなった状態で腹筋をすると、さらに下がりやすくなります。

体操のやり方がわからない方はご相談ください。

 カテゴリー:頻尿、尿失禁、子宮脱  2021年05月06日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います