お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

女性は便秘になりやすい

会場を使った集会が少しずつ再開してますが、大人数が集まって密にならないように、インターネットを使ったオンライン配信も併用して行われてます。

これをハイブリッド開催と呼んでます。

会場に行ってもよし、自宅(またはクリニック)でオンライン参加でもよしというわけです。

私はもっぱらオンライン参加。

そうしたら、昨夜(火曜日)はセミナーが2つ重なってしまいました。

便秘の話と頻尿の話です。

どちらも産婦人科には関係ある内容、幸い開始時間が30分ずれてたので、パソコンとスマホを使って両方聴講しちゃいました。

便秘の人は、そうでない人に比べて生存率が低くなるとか、寿命が短くなるとか、労働生産性が低くなるらしいです。

何となくうなずけます。

そして、便秘は男性よりも女性に多い。

どうしてでしょうか?

女性の生活はホルモンの影響を受けてます。

生理周期が28日の場合、生理から2週間後に排卵が起こって、排卵から2週間すると生理が来る(妊娠しない場合)。

排卵後から生理までの2週間を黄体期(または分泌期)と言って、卵巣から黄体ホルモンが分泌されます。

黄体ホルモンは大腸の働きを鈍くさせ、便秘になりやすくなる。

私もピルを飲む前はそうでした。

月経前2週間は便秘だけでなく、体がむくんだり、イライラしたり・・・これは月経前症候群(PMS)ですね。

つまり女性の場合は、月の半分は黄体ホルモンのせいで便秘になりやすくなります。

それから妊娠中も黄体ホルモンが上がるので、妊婦さんは便秘に悩みます。

セミナーでは西洋薬の便秘薬の紹介が主でしたが、私は食事と漢方がいいと思ってます。

漢方には体質改善もあるし、癖になりません(依存性がありません)。

それから食事も大事です(セミナーでは触れてませんでしたが)。

私の場合、妊娠中は便秘解消のために、トウモロコシやサツマイモをよく食べてました。

おかげで妊娠中には一度も下剤にお世話になりませんでした。

さらに「お豆」も便秘解消になると思います。

(実は、最近「お豆」がとても美味しくて毎日いろんな豆を食べてます。豆の話はまた別の機会にでも・・・。)

そして、黄体ホルモンの作用をコントロールするにはピルです。

低用量ピルは排卵を抑えて、排卵後の黄体ホルモンの上昇がなくなります。

女性の便秘、運動も必要ですね。

便秘にお困りの方はご相談ください。

 カテゴリー:健康、食事、美容  2021年05月19日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います