お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮頸がん罹患 将来の地域格差の不安

当院は月曜日休診ですが、それは私が長野県松本市で診療をしているからです。

城西(しろにし)病院というところで、夫が精神科医として勤務している病院です。

先週の月曜日のことです。

中学生のお母さんから「子宮頸がん予防ワクチンの案内が来たんですけど、受けたほうがいいですよね」と聞かれたので、

「もちろんですよ」とお答えしました。

そして、ある不安を感じました。

HPVワクチンの接種は当院でも少しずつ増えていますが、気になることがあります。

横浜市では個別通知はおろか、定期接種の項目からHPVワクチンが外されているのです。

先日も保護者の方から、産婦人科の先生は皆さんHPVワクチンはうったほうがいいというのに、どうして横浜市の定期接種には入ってないんですか?と質問されてしまいました。

本当にその通りで、横浜市によると「ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチンは、定期予防接種が中止されたわけではありませんが、厚生労働省からの勧告に基づき、積極的勧奨を控えているため、掲載していません。」というのです。

2年前の「予防接種のしおり」にはこの説明もなかったので、HPVワクチンは定期接種ではないと思ってしまうのも仕方ありませんね。

横浜市医師会と産婦人科医会から市に要望書を出して、ようやく上のような説明文がつきました。

さらに、定期接種の一覧に入れるべきであること、厚労省からの通達通りに個別通知をして欲しいと要望は続けてますが、実施される気配はありません。

東京都〇〇区の先生とオンラインで話したところ、個別通知がされてからHPVワクチンに関する問い合わせが殺到してると言ってました。

神奈川県内でも、厚労省の通知を受けて昨年度から個別通知を始めたところもあります。

このままでは地域格差が生じるのではないかと不安に感じてます。

引き続き横浜市には働き続けていきますので、皆様もご協力お願いします。

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2021年05月23日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います